不動産売却前の物件査定

不動産の競売物件について

不動産の競売物件について 不動産の競売物件は裁判所で入札手続きをして落札をすれば購入することができます。競売物件の場合なぜ売りに出されているのかを確認してから購入することをおすすめします。
多くの場合抵当不動産なので購入と同時に抵当権が抹消され購入者所有となります。
しかし中には税金滞納や管理費滞納による場合があるので注意が必要です。前所有者が滞納している金額全額を負担しなければ再度競売にかけられる可能性があります。
滞納している期間が10年を経過している物も含まれている場合は自ら時効主張して滞納金額から減額するように主張していかなければなりません。
面倒な手続きも多い物件なのですが、一番のメリットは市場価格よりも格安で入手可能というところにあります。全ての問題をクリアにできれば自己所有になるのですから自分で居住しても良いし、転売しても良いのです。
転売時点では市場価格と同額で売却することも可能です。少しのお小遣いになる可能性も秘めています。

不動産売却、まずは物件の査定から

不動産売却、まずは物件の査定から 不動産を売却しようとするときは、いくら位で売却できるのか査定することから始めなければなりません。
実際の売買は、売主と買主の事情にもよります。例えば、買主がどうしてもその土地が欲しいということなら高額になりますし、売主が資金が必要ということなら低額になるでしょう。
しかし、一般的に、その不動産物件にどれくらいの価値があるのかは査定する方法がいくつかあります。特に土地の場合は、建物とちがい、同じものがないため、物件評価は難しくなります。
土地の査定の参考になる数字は三つあります。
一つ目は公示価格で国土交通省が発表する価格です。収用などの参考になる価格です。実際の売買の9割程度と言われます。
二つ目は路線価で、国税庁が発表する価格です。相続税などの課税の参考にするものです。実際の売買の7割から8割程度と言われます。
三つ目は固定資産税評価額で市町村が固定資産税の課税の参考にする価格です。実際の売買の6割程度と言われます。
これらを考慮して、時価、つまり実勢価格として査定されます。

新着情報

◎2017/11/27

無料査定における注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/20

名義変更に必要な手続き
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

路線から上手に物件を探す
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

不動産物件を探す時
の情報を更新しました。

◎2017/2/3

不動産の物件選び
の情報を更新しました。

「不動産 査定」
に関連するツイート
Twitter