名義変更に必要な手続き

不動産物件の名義変更に必要な手続きについて

不動産物件の名義変更に必要な手続きについて 土地や建物といった不動産物件の名義変更は、その不動産の所在地を管轄する法務局に対して登記手続きをすることによって可能となります。
この手続きは、登記申請書の提出によって行いますが、その際には名義変更をしなければならない理由が生じたことを示す書類を添付する必要があります。
名義変更登記を申請する時に添付すべき書類は、変更する理由によって異なります。例えば、不動産を売買したことが理由であれば、売主の登記識別情報と印鑑証明書、買主の住民票、取引した物件の売買契約書や固定資産評価証明書などを用意し、亡くなった人の遺産分割の結果取得した場合は、被相続人が産まれてから亡くなるまでにつくられた全ての戸籍関係書類、相続人全員分の戸籍全部事項証明書、新所有者となる人の住民票、不動産の固定資産税評価証明書を添付します。
相続に伴う名義変更登記では必要となる書類がたくさんあるので、他の相続人と話し合いながら登記の準備をすすめていきましょう。

不動産物件の名義変更が発生するケースはどんな時?

不動産物件の名義変更が発生するケースはどんな時? 不動産を所有している場合、引越しなどで物件を手放す際に所有権移転が必要となる事はイメージが湧くと思いますが、所有権移転以外にも名義変更が発生するケースがいくつかあるので不動産を所有しようと考える人や、親族で不動産を所有している人がいる場合は覚えておくとよいでしょう。
名義変更が発生するケースは、主に所有している物件を売却、相続、生前贈与、遺産分与が関係する場合によります。
名義変更の手続きは必要な書類をそろえて法務局にて所有権移転の手続きを行えばよいので個人でも可能です。しかし、仮に相続の場合であれば、被相続人と相続人の登記簿謄本や戸籍、除籍謄本や住民税に関する書類、相続する物件の関係書類を全て揃えなくてはならない為、素人が相続登記を行う際には一度で書類がそろわず、かなりの労力と時間を費やしてしまうという事も良く耳にします。
正確にスピーディーに行いたい場合は、事務手数料はかかりますが司法書士事務所を利用する事をお勧めします。

新着情報

◎2017/11/27

無料査定における注意点
の情報を更新しました。

◎2017/9/20

名義変更に必要な手続き
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

路線から上手に物件を探す
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

不動産物件を探す時
の情報を更新しました。

◎2017/2/3

不動産の物件選び
の情報を更新しました。

「不動産 手続き」
に関連するツイート
Twitter